lapin noir

Diary / Photographer / Sapporo

古物

 養蚕農家が使用していた繭皿をひとつ購入。直径30cmほどの大きさ。桐製で軽い。長年使いこまれ黒く変色していて、木地本来に近い薄い色とコントラストがつき、柄のようになっている。皿の縁は削ぎ落ち丸くなっているので、手にしたときの感触が滑らかだ。ミディアムブラウンのテーブルに置くと、存在感が際立つ。